生徒・保護者の声

有松中学校3年 K M 君

学校のようす

 有松中学校は1年約400人、2年約300人、3年352人の学校で、部活は運動部が盛んです。英語スピーチコンテストもあります。

アクトについて

 中学1年から来ていて、2年で英検3級に合格しました。3年では英語が比べものにならないくらい点があがり、数学検定3級にも合格しました。うれしかったです。今、何を、どのようにやれば伸びるか丁寧に教えてもらえ結果が出ました。英検、数検が、同じ教室で行われるので、積極的に受けることができたのもよかったです。アクトは続けていこうと思っています。

 

南山大学短期大学部英語科1年 K T さん

学校の特徴

 私達の短大は英語科だけあり、1学年151人の比較的小規模な短大です。英語教科の内容は幅広く、文法・リーディング・ライティング・リスニングからプレゼンテーション、ディスカッションまであります。レベル分けされたクラスで学び、帰国子女クラスもあります。授業でTOEICテストも受けられます。卒業後は大学の3年次に編入と就職が約半分ずつで、編入大学も、日本と外国が半分ずつぐらいです。就職はトヨタ自動車、ANA,JAL、旅行会社、貿易会社、金融機関等、先輩たちはかなりよい企業に就職しています。学校からの推薦をもらえるのが、四年制大学にはない良い特徴だと思います。

アクトについて

 中学1年から来ていて、英語の勉強の仕方が分かり、確実に英語力が上がりました。自分に合ったテキストを選ぶ、その選び方も教えてもらい、英検やTOEICにも役立ちました。大学の授業にもついていけます。進路を相談しながら決められたのもよかったです。別の科目で個別塾へ通っていましたが、アクトは個別塾ではないのに、個別塾の先生より的確に私のことを理解してくれ、良い進路を一緒に考えてくれました。

後輩のみなさんにお伝えしたいのは、高校のできるだけ早い時期に、自分の進路を2,3こまでに絞り込んでおいたほうが良いということです。いろいろ悩むのはわかるけれど、選択肢が多すぎると手が付けられなくなっていきます。早めに先生に相談しながら2年の終わりまでには、遅くとも3年の夏にはぜったい受験校は決めておかないとだめです。がんばってください。

滝ノ水中学2年 R N 君より

学校のようす

 滝ノ水中学は1年9クラス、2年8クラス、3年8クラスで、滝の水小・小坂小・旭出小の生徒が集まっているので比較的大きな中学校です。ハンドボール部が強く、3年に1度は全国大会に出場しています。校則は厳しい方だといわれていますが、みんな守っています。服装も先生だけでなく生徒も注意しあうので、乱れた人はほとんどいません。いい環境で落ち着いて勉強ができます。英語の授業の進み方は早い方です。高校にも、いい公立高校にかなりの人が入っています。

アクトについて

 ネイティブの先生がくるのがいいと思います。学校にはあまり来ないし、(月2回ほど)あいさつ程度で、休み時間でもあまり話ししている人はいません。アクトは先生がめっちゃおもしろいので、よく話できます。先生の国のこととかいろいろ聞くこともできました。1年のころのアクトの先生もよかったし、今年の先生も好きです。

 英検の勉強がいっしょにできて、英検の受験も同じ教室でできるのも落ちつけていいです。数学検定がやれるのもいいと思います。

 テキストが学校のと違っていて教科書以外の自分が言いたい身近な表現がいっぱい出ているので、会話やスピーチもしやすいです。アクトを続けて、英語をマスターし、数学もいい成績を取りたいです。